自律神経治療について

 こちらの「自律神経治療」のページでは、どんな症状の方へどのような考え方でどんな治療をしていくかをご説明しています。

 そもそも原因不明の不調の診断として、「自律神経失調症」「精神的なもの」などの一言で片づけられるものではなく、投薬で根本的に良くなるものではないと考えています。

このような不調が起こるには必ず原因があります。

まずは不調の原因を認識し、私たち施術者と共有していくことから始めます。

そしてなぜ、自律神経に不具合が生じてしまうのかを神経学的な考えから知っていただきます。

その不具合のメカニズムを知ることで解決策が見つかり、治療への意欲と「治せる」という希望が見えてくると考えています。

 病は気のせいだと考え我慢したり、薬に頼り過ぎるのはやめましょう。

きっと根本的な解決策がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

宇都宮市 自律神経治療
宇都宮市 自律神経治療

自律神経とは

 定期的に起こる頭痛、めまい、耳鳴り、手足のしびれ、倦怠感や原因不明の痛みなど、自律神経が乱れることで個人差もありますが、様々な症状が現れてきます。

 では、自律神経が乱れるとはいったいどういうことなのでしょうか?

自律神経とは、心臓や肺、胃や腸、腎臓や膀胱などの人間が生きていく上で大切な臓器の活動を調整するために24時間働き続けている神経です。

その字のごとく、自律している神経であり、自分の意識ではコントロールすることができない神経です。

自律神経は、体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経に分けられます。この2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。

自律神経が乱れる原因

 その原因は、慢性的な寝不足や昼夜逆転といった不規則な生活や食生活など、今は現代病となっているストレスや運動不足などが挙げられます。

人にはそれぞれ合った生体リズムがあり、そのリズムの許容範囲から逸脱してしまうと、自律神経が混乱し暴走してしまうことがあります。

すると、夜なのに交感神経が活発になって眠れなかったり、昼間の活動時に副交感神経が働き集中力が欠けてしまったり、眠くなったりすることがあります。

​これがひどくなってくると、頭痛やめまい、耳鳴りやしびれなどの医学的に原因がはっきりしない症状が現れてくることがあります。

宇都宮市 自律神経治療
宇都宮市 自律神経治療

自律神経に対する現代医療

 病院では原因が分からないため、筋肉緊張緩和剤やビタミン剤、鎮痛剤や漢方薬といった症状を抑える対症療法が主流です。

現代医学ではなかなか根本的な解決ができないのが課題でもあります。

 とちの木整骨院で行っているバイタルリアクトセラピーは、このような自律神経の乱れを整え、体に備わっている自然治癒力を活性化させることが可能になった治療法です。

脊椎の中にも自律神経が存在します。背骨や骨盤といった骨格を矯正し、神経のストレスを軽減させると同時に、脳へのアプローチで神経の働きを正常にしていきます。

​薬を使わない施術で副作用もなく、根本的な解決が期待できます。

神経の仕組み

 では、具体的に神経の構造や働きについてご説明したいと思います。

まず、神経とは中枢神経(脳・脊髄)と末梢神経(自律神経・運動神経・感覚神経)の2つに大別されます。

この体の司令塔である脳と、体の末端に存在する末梢神経が常に連絡を取り合うことで、体を正常に動かしたり機能させたりしています。

つまり、神経は情報伝達の回路であり、生命活動をする上で最も重要な器官の1つだと言えます。

 この神経の仕組みを「街」に例えてみたいと思います。

右のイラストのように、脳を街の発電所に例えます。

発電所から各家庭に電線が延びています。この電線は末梢神経と考えてください。

街には水道管が各家庭に延びています。これは、血管と考えてください。

水道管にも発電所から電気が供給されることで、各家庭に滞りなく水を送ることができています。

この発電所と水道管を結ぶ電線は、自律神経と考えてください。

 このように人の体は街に例えることができます。

発電所からきちんと電気が各家庭や水道管に供給されることで、街は正常に機能します。

人の体も同じで、脳からの指令がきちんと筋肉や内臓、血管などに伝わることで、正常に機能することができています。

 ここで気付かれた方もいらっしゃると思いますが、街から延びている電線に、黄色い筒状の物が巻かれていると思います。

これは電線に例えると、漏電しないように巻かれている絶縁性の電線カバーです。

人の神経もむき出しの状態で存在しているわけではなく、電気信号が漏れないように神経カバーが巻かれています。

しかし、人の神経カバーは電線カバーとは異なり、途切れ途切れに巻かれています。

なぜ、このような構造になっているのでしょうか?

 右のイラストのように、神経を細胞レベルに拡大していくと、神経細胞(ニューロン)というものになります。

この神経細胞には、髄鞘(ミエリン鞘)という神経カバーが途切れ途切れに巻かれています。

人の神経も実際に電気信号が行き交っており、電気信号を超高速で伝えるためにこのような構造になっています。人間って凄いですよね。

宇都宮市 自律神経治療
宇都宮市 自律神経治療
宇都宮市 自律神経治療
宇都宮市 自律神経治療
宇都宮市 自律神経治療

神経の働きが乱れるメカニズム

 しかし、このミエリン鞘は大変もろく、壊れやすくなっています。

ミエリン鞘は物理的な圧迫や引っ張られたりすることで、簡単に壊れてしまいます。

これは、神経の本管を守るために、身代わりになって損傷しているとも言われています。

現在は、ミエリン鞘が損傷する原因の1つに、疲労やストレスが関係してきていることが分かっています。

このように神経カバーが壊されることで、神経に流れている電気信号が正常に伝わらないということが起き、電気信号が詰まったり、漏れたり、流れすぎてしまうという現象が起こってきます。

こうなると、人の体にはどんな影響が起きてしまうのでしょうか?

 左のイラストのように、神経カバーが損傷することで筋肉や内臓にきちんとした指令が伝わりません。

もちろん、血管にもきちんとした指令が伝わらないので血液循環が悪くなり、十分な栄養を筋肉や内臓に送ることができなくなってしまいます。

こうなることで、体は不調をきたしてくるわけですが、この不調は医学的には原因不明とされています。

病院で精密検査をしても異常が見つからず、痛み止めや筋緊張緩和剤などを処方されたり、ひどくなってくると、自律神経失調症と診断されてしまうこともあります。

たしかに、薬を飲むことで一時的に症状を抑えることはできるかもしれません。

しかし、根本的な部分が治っていないので症状が再発したり、悪化してくることもあります。

ミエリン鞘を修復することで根本的な解決へ

 でも、安心してください!

このミエリン鞘の損傷は治すことができます。

ミエリン鞘が損傷する原因の1つに、背骨のゆがみが考えられます。

この背骨のゆがみを整えることで体の自然治癒力が促進され、ミエリン鞘の修復を促していきます。

また、疲労やストレス等の神経への負荷でも損傷してしまうことから、顔に分布する三叉神経(脳神経)に特殊な振動刺激を与えることで、神経の誤作動を整え、ミエリン鞘の修復を促すことができると考えられています。

 このミエリン鞘の損傷メカニズムや治療の考え方は、現在の脳神経医学においても1つの有効な理論として考えられています。

バイタルリアクトセラピーの施術結果においては、特に自律神経の乱れから起きてしまう不定愁訴(原因不明の症状)に良い効果が出てきています。

 原因が分からないお体の不調にお悩みの方は、是非、とちの木整骨院にご相談ください。

一緒に辛い症状を根本的に解決していきましょう。